| main |
2022.07.24 Sun

7月24日 今日の活動

今日は平原さんがお話をしてくれました。
エフェソの信徒への手紙1章3節~6節でした。
20220724_155052~2_copy_1008x756
「教会は神様の家族」という言葉が心に残りました。
今日は、AくんとSちゃんとTくんが来てくれました。
AくんとTくんは足し算を習ったばかりなので、二人で問題を出し合って楽しく過ごしました。
午後からは、みんなで月寒公園に行きました。
Point Blur_20220724_154841_copy_360x480
シャボン玉をしたり…

Point Blur_20220724_154912_copy_360x480
水遊びしたり…

Point Blur_20220724_154925_copy_360x480
バトミントンをしたり…

普段来れない子や、大きな子たちも来てくれて一緒に遊んだりおしゃべりしたり、楽しい時間を過ごしました。
思い切り外で走り回れてよかったね!

来月もまた外での活動を考えています。
よかったら皆さん参加してくださいね(*^^*)


続きを読む
Category: 活動の内容 Comments (2)
2022.07.18 Mon

7月17日 エマオ


今日は久しぶりにエマオの活動がありました。
子どもメッセージが届いたので載せますね。

Ⅰコリント6:19、20
「知らないのですか。あなた方の体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなた方はもはや自分自身のものではないのです。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を表しなさい」


いま読んでもらった御言葉ですが、私の体が「神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿」だなんて、「もはや自分自身のものではない」なんて、そんなこと言われても、少し困ってしまいます。
自分自身のものじゃなければ、いったい誰のものなの? そして「代価を払って買い取られた」なんて、誰に、いつの間に買い取られていたんだ? と思ってしまいます。
初めて読んだときはとても不思議でした。
でも、あるとき、この御言葉を読んでいたら、少しわかったことがありました。
それは、こんな私にも神様の愛のまなざしが注がれているということです。
私は昔、「自分なんて、別にどうなってもいいな」と思いながら過ごしていました。
少し厭世的な気持ちで生きていました。
だから、自分の体も心も、大切になんてできませんでした。
そもそも、よく言われる「自分を大切に」という言葉の意味もよくわかりませんでした。
まあまあ大切にはしてるんじゃない? と思っていました。
でも、ある日この御言葉を読んだとき、こんな私でも、神様が買い取ってくださるなんて、とんでもないことだな、と思いました。
こんな私にも、聖霊が宿ってくださっている、そう思ったとき、本当の意味で、自分を大切にして生きよう、と思いました。
自分を粗末に扱うのが、なんだか申し訳ないような、もったいないような気持ちになったからです。
でも自分を大切にするってどういうことなのでしょうか。
それは、神様が愛してくださっている自分自身を愛する、ということだと思います。
私には、いいところがあります。
でも欠けているところもたくさんあります。
できないところもたくさんあります。
自分を大切にすること、自分を愛することは、そんな欠点だらけの自分に「〇」をあげることではないかと思います。
自分が自分の裁判官になって「こんなところはダメだ」「こういうことをするなんて信じられない」「あの時なんであんなこと言ったの?」と自分を裁いたり傷つけたりしないで、できないところは「どうしたらできるようになるかな」と言ってあげたり「できないところだってすてきだよ」と励ましたりしながら、「私」とずっと一緒に生きていくことです。
友達にするように、やさしく自分を扱ってあげることです。
神様は自分が思う自分の「欠点」を見て「そこがだめだよ」と言うでしょうか? 
「あなたのここは好きだけど、こういうところは好きじゃないな」「もっとこうしなきゃいけない」と言うでしょうか? 
絶対に言わないと思います。
良い、と思うところや、自分では少し「嫌だな、ダメだな」と思うところも含めて、神さまは「あなたのすべてを愛しているよ」と言ってくださると思います。
欠けているところや、できないところにこそ、神様の力が働いてくださいます。
その神様の愛を信頼するということです。
そうは言われても、なかなかできないと思います。
私も同じです。
「また失敗しちゃった……」「なんでできないんだろう」と思う日もあるかもしれません。
でも大丈夫です。
できない私たちのために、イエス様が来てくださいました。
自分ではできないけど、神様にはできます。
自分では自分を「いい」と思えなくても、神様はそんな私を「いい」と言ってくださいます。
自分で自分を励ませなくても、神様の言葉が私たちを励ましてくださいます。
そのことを信じたいと思います。信じられないときは、信じられるように祈りたいと思います。
神様は必ず祈りにこたえてくださいます。
新しい一週間も、神様の愛をたくさん感じて過ごすことができますように。
(メッセージ むつみさん)


続きを読む
Category: 聖書のおはなし Comments (0)
2022.07.10 Sun

7月10日 今日の活動

今日の子どもメッセージは西川さんがお話してくれました。

ヨハネによる福音書10章 14-16章

羊たちは、昼間は牧場に連れて行かれ、夜になると塀で囲まれた安全な「羊の囲い」に戻されるます。
このような「羊の囲い」では、何人もの羊飼いたちが羊と一緒になって夜を過ごします。
羊飼いは、朝になると囲いに来て、自分の羊たちを呼びます。
その羊飼いの羊たちは、この呼び声を聞き分けて群れとなって、牧場へと出かけます。
羊飼いの仕事は、イエス様の時代には、休みのない重労働でした。
羊飼いたちは、安息日に教会で礼拝することもできないので、人々から卑しい人たちとして嫌われました。
イエス様は、「わたしは羊の門である。また羊飼いでもある、」と言われました。
「羊の囲い」には「羊の門」(イエス様)を通って入りなさいとイエス様は言われています。
「 羊の囲い」は、羊たちの避難場所です。そこへ塀を越えて入ろうとする者は、盗みや何か他の悪さをたくらんでいる、と見てまちがいありません。
門をくぐらずに群れに入ろうとするのは、偽のキリストたちのことです。
「羊の門」では羊飼いが一匹一匹の羊の様子をよく見て、怪我をしていないか、お腹一杯、牧草を食べているかなどを観察します。
「わたしは良い羊飼いである」とイエス様は言われました。
「だめな羊飼い」は、羊の群れが狼に襲われても何もしません。自分の大切な羊でないからです。
「良い羊飼い」であるイエス様は羊の群れを愛しておられ、羊のために、ご自身の命を捧げられるほどです。
「私は羊のために命を捨てる」といわれ、私たちを救うために十字架にかかり、命を捨ててくださいました。
 イエス様はまだまだイエス様のことを知らない人たち(羊たち)を導くためにも呼び掛けています。
皆さんにはイエス様の呼びかけが聞こえていますか。
「イエス様の声」、それは聖書の言葉です。朝、目を覚ました羊たちは、羊飼いの声を聞き分けて呼び集められ、群れになって牧場に行きます。私たちは神様の牧場でイエス様と言う羊飼いに愛され、大切に守られています。
イエス様は羊飼いでイエス様を信じる人は羊であり、羊の群れは教会です。教会の交わりの中で、イエス様の声を聴き分け、イエス様の呼びかけに従って生きる羊として生きて行きましょう。
(子どもメッセージ 西川さん)

今日も暑い1日でしたね。
CSに参加してくれたみんなに、学校でのプールの様子を聞きました。
暑い日のプールは最高だね!
7月24日日曜日の午後には、CSで月寒公園にお出かけする予定です。
詳しいことはまた近づいたらお知らせしたいと思います。
よかったら参加してね(*^^*)
ではではまた来週~!
続きを読む
Category: 活動の内容 Comments (0)
2022.06.19 Sun

6月19日 今日の活動


皆さんこんにちは。
今日の子どもメッセージはYさんがお話ししてくれます。
第一コリント6-19

みんなは、神さまはどこに住んでいるんだろうって考えたことはありますか?
天国かな? 山の上? 教会に住んでる・・というわけでもなさそうだね。
神さまのおうちを神殿っていいます。
昔の人は、大きな石で立派な神殿を作りました。

でも今日読んだ聖書の箇所は、あなた方の体は神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり・・と書いてありました。
わたしたちの体が聖霊のおうちなんですね。
私たちにくださった聖霊は、神さまを信じたりお祈りしたりすることを助けてくださいます。
かみさまは遠くの立派な神殿や雲の上にいるのではなくて、私たちのなかにもいるよって教えてくださいました。
だからもしつらい時や落ち込んだりして自分のことがいやになることがあっても、自分を傷つけたりしてはいけないのですね。
神さまがいつもそばにいてくださることを信じて、歩んでいけたらいいですね。
(子どもメッセージ Yさん)

今日の活動は、花の日のカードにメッセージを書きました。
Tくんが「げんきでね。」と大きな字で元気いっぱい書いてくれました。
礼拝で、教会のおじさんおばさんたちにお渡しすると、皆さんとっても喜んでくれました(*^^*)
皆さんの嬉しい顔が嬉しかったです。
来週も、教会かオンラインで活動します。
よかったら皆さん参加してくださいね!
ではではまた来週~

続きを読む
Category: 活動の内容 Comments (3)
2022.06.12 Sun

6月12日 今日の活動


今日の子どもメッセージはちよぴーがお話ししてくれます。

みんなは、イエス様のこと誰かに聞かれたり、お話したりすることありますか?
みんなにとって、イエス様はどんな方ですか?
(ちょっと考えてみてね)

ちよぴ~のおともだちに、とても頭がよいおともだちがいます。
その子はイエス様が神さまとは思えないなぁ、と色々理由をつけてお話してくれます。
でもある時、ちよぴ~にとても辛いことがあって、とっても一人では乗り切れないなぁということがあったとき、大切なそのおともだちにお願いしたことがありました。
一緒にお祈りしてほしいんだよね…と、お願いしたのです。
ともだちは、どうしたと思う?

キリスト教のこと、神さまイエスさまのこと、いつも、よくわからない、なんで信じられるんだぃ?と言ってくることが多かったのに、一緒に祈ってくれたのです。
今までアーメンはクリスチャンではないから言えない!と言っていたのに、アーメンも言ってくれたのです。
その後も、時々一緒に祈ってくれるようになりました。
聖書を一緒に読むときもありますよ。
そんなときは、神様のことを、一緒に感じてくれているんだなぁと嬉しく思います。
今、イエス様のことお話するときなのかな?この人にはイエス様のことぜひ知ってほしい〜伝えたいな〜!そんなときがあったら、みんなもぜひ!お話してみてほしいです。
いやいや、うまく説明できないし…そう思うかもしれないけど、ちよぴ〜も、祈ってくれる?の一言しか言えませんでした。
でも、神さまは、イエスの名によって祈るものの祈りを聞いてくださる方、そんな祈りを待っていてくださる方、ということを伝えることができたのかなぁと感じています。
みんなも、イエス様のことや神さまのこと伝えたいと思ったときは、神さまが、伝える言葉も教えてくれるはずだから、安心して話してみてほしいです。
そして、話してみたよ〜ということがあったら、ぜひ、ぜひ教えてね。

神さま、沢山の人が神さま、イエス様と出会い、嬉しい気持ちになれたならなぁと思います。そのために、私たちができることがあったら、教えて下さい。そのための勇気や力を祈ります。
この祈りをイエス様のお名前を通してお捧げいたします。アーメン。
(子どもメッセージ ちよぴー) 

今日は花の日、子どもの日礼拝でした。
みんなで花植えをしたときの写真をハガキにしたものをもらいました。
見ると、元気が出そうなハガキです(*^^*)

ではではまた来週~!


続きを読む
Category: 活動の内容 Comments (0)