1件ずつ表示 
2022.10.02 Sun

10月2日 今日の様子


皆さんこんにちは。
今日の子どもメッセージは西川さんがお話ししてくれます。

おはようございます。
今日の子供メッセージは、春木屋さんがお話しする予定でしたが、体の具合が悪くなって、私がピンチヒッターでお話しすることになりました。
春木屋さんが元気になりますように、皆さんと心を一つにしてお祈りしたいと思います。

さて、今日の聖書のお話は、長い間横たわったままで、立つことができない病人と、その人のお世話をしている4人と、みんなで5人のお友達のお話です。

近くの村や町を巡り歩いて、神様のみ言葉をお話しし、いろいろな病気にかかっている大勢の人たちを癒されたイエス様が再びカフェルナウムの家に帰ってきました。
イエス様が来ていることを聴いた人々はイエス様がおられる家に、続々と集まってきました。家の玄関口のあたりまで、隙間もないほど大勢の人たちが集まってきたのです。神様のみ言葉を聴きに来た人たちでした。

このような有様を聴いた5人のお友達は、寝たっきりの病気の友を治していただこうと思い、大急ぎでベットを作り、病気の友を乗せて、それを4人で担いでイエス様の家まで運んできました。
しかし、玄関口まで人々であふれていて、家に入ることもできません。人々は静かに、熱心に神様のみ言葉を聴いていました。

するとにわかに、外が騒がしくなります。外階段を使って人が屋根に上ったようです。やがて天井から物音が聞こえてきました。その音が次第に大きくなってきました。そのうちに天井から埃や、土が落ちてきます。誰かが屋根をはがし始めたのです。ついには穴があけられました。
無断で屋根に穴をあけることなど、決して許されることではありません。
イエス様も土埃をかぶって大変だったと思います。
家の中は無茶苦茶になってしまいました。

すると屋根の穴から、4人の男が顔を出して、イエス様に何かを訴えかけました。
そして、今度は穴から、粗末なベットに寝ている病人が釣り降ろされてきました。
ベットに横たえている病人はどんな気持ちでしたでしょうか。

自分では動けない、粗末なベットに横たわっている病人に、そして、 屋根にいる4人にイエス様は宣言します。
「子よ、あなたのつみはゆるされる」
「愛する子よ、貴方たちにかかわるすべての罪は、今、許される」とイエス様は宣言されたのです。屋根を無断で壊したことを言っているのではありません。折角、遠くからみ言葉を聴くため来ていた人たちの邪魔をしたことでもありません。
人々が心の底に抱いている罪、神様の心から離れて生きている罪、全ての罪は、今、許されるとイエスさまは宣言されたのです。

イエス様は、この人をどうか助けてほしい、ただそれだけを願って病人を連れてきた4人の友の熱心さ、ひたむきさに 「その人達の信仰を見た」のです。
イエス様は病気の友に言われました。
「起き上がり、床を担いで家に帰りなさい。」
みんなの前を歩いて出て行った姿を見て、人々は「このようなことは今まで見たことがない」と言って、驚き、喜んで、神さまを賛美しました。

イエス様は「人の子が地上で罪を許す権威を持っていることを知らせよう」と仰って、救い主キリストとして、その生涯と最後に待ち受けている十字架の死と復活によって、救い主キリストとして、私たちをお救い下さったのです。

祈り
神様、私たちが愛し、わたし達を愛してくれる友を与えてくださり感謝します。
(子どもメッセージ 西川さん)

今日は、久しぶりにMちゃんやJくんが来てくれました。
元気そうな顔を見れて嬉しかったです。
RくんとT君も、小さい子ともたくさん遊んでくれました。
みんな大きくなったね!
Point Blur_20221002_112527_copy_480x360

Point Blur_20221002_112508_copy_480x360
ではではまた来週~!
みんな元気に来てね(*^^*)

続きを読む
Category: 活動の内容 Comments (2)

この記事へのコメント:

広いところで、楽しそうだったね😣
いつの間にか大きい子が遊んでくれてて、助かった😁
やっぱり、いろんな年代の子がいるといいね☺️

この記事へコメントする: