1件ずつ表示 
2015.02.23 Mon

ぶどうの木新聞 3月号(表面)

ぶどうの木新聞3月号

わたしのなかのくじら

わたしのなかのくじらはゆったり大きい

わたしの海の底でゆうゆうと眠る

わたしの気持ちがどれほど波立っても

わたしのなかのくじらは穏やかに眠る


足の小指を椅子にぶつけて腹が立ったり

愚かな言葉で人とぶつかって頭に来たり

そんな苛立ちをまわりにぶつけて心乱れたり

それでもくじらは静かに目を閉じたまま


わたしのなかのくじらは気高く美しい

わたしの闇の底で月のように発光する

わたしの一日がこんなにもけがれているのに

わたしのなかのくじらは神々しく輝く


病室で痛みと闘い死を恐れる夜

寝室で絶望と闘い失った人を思う夜

牢獄で後悔と闘いゆるされぬ刑罰を待つ夜

それでもくじらは堂々と眠ったまま


わたしのなかのくじらはある日目を開く

わたしの寿命がつきてわたしが倒れ

わたしがわたしの海に帰るとき

わたしのなかのくじらはゆうゆうと泳ぎだす


 この詩は、カトリック教会の晴佐久昌英
神父の作品です。
 くじらは私たちが救い主と信じている
イエスさまです。
どんなにつらいときも、
悲しくても、わたしのなかに大きな、
たよりになる、
愛に満ちたイエスさまが
一緒にいてくださる、
なんと幸いなことでしょうか。 

      
月寒教会牧師 石垣弘毅


落ち葉たくさん
(昨年の秋、ある日の公園の落ち葉)

また、明日、
22日の活動の様子をアップしますよ!
楽しみにしていて下さいね。(◍•ᴗ•◍)

↓ 拍手をぽちっとお願いします。
励みになります。
表示されているスポンサーと
当団体は関係ありません。


続きを読む
Category: ぶどうの木新聞 Comments (2)

この記事へのコメント:

25〜6年ほど前だと思うのですが。
学校で、ハレサク神父様の、クジラのお話を聞きました。
学生時代全てキリスト教の学校だったので
お話を聞いた神父様はたくさんいらっしゃるのですが
お名前と、お話の内容と、お話をしてくださっていた時の雰囲気を
唯一鮮明に覚えているのが、ハレサク神父様とクジラのお話です。

私は洗礼を受けてはいないのですが、ずっとずっと心に在るお話です。
ぶどうぱんさま。
コメントをありがとうございます。
そして、心に残っておられたことを分かち合ってくださりありがとうございます。
数年前の記事にコメントいただけたこととても嬉しく思います。
こうして読み返すことで、また気持ちが新たにされます。
私たちの心残りなかに、イエスさまがいてくださり、励ましを与え、愛を与えてくださることに喜びと畏怖の気持ちをかんじます。
ぶどうぱんさまの心のなかにクジラの話が残っていたのですね。
キリスト教に学校でずっと触れられて来られたとのこと、とても大きな恵みですね(*^^*)
どうかこれからも神様の豊かな恵みがありますように!
またのぞきに来てくださったら嬉しいです。
感謝。

この記事へコメントする: