1件ずつ表示 
2021.02.07 Sun

ローマの信徒への手紙8:38~39

みなさんこんにちは。
今日の子どもメッセージはHさんがお話してくれます。

神様は、人を創造されたときに、自分にかたどって人を創造されたと聖書に書かれてあります。
そうして姿形だけでなく、神様の愛の心も同じように与えてくださったと考えられます。
ところが人間は神様の愛を忘れて、自分の好き勝手に生きるようになりました。
神様は大変悲しまれました。なんとか身勝手に生きる人間が思い返してほしいと考えました。
神様は愛を示すために、自分の愛する子イエス様を私たちの身代わりとして、最もみじめな最もつらい苦しい十字架刑にされたのです。そうして、わたしたちに「よく見なさい。よく考えなさい」と神様の愛がどんなものであるかを示されたのです。
こうしして身勝手に生きてきた私たちは、イエス様の十字架の苦しみを知ることによって神様に許されて生きることができるようになったのです。
これが私たちにくださった神様からの最も大きな愛なのです。
ですから私たちは、神様とは切っても切れない糸でつながっているのです。
ですから、どんなものでも、どんな力でもイエス様の十字架で示された神様の愛を私たちから引き離すことはできないのです。
神様は姿かたちはみえないけれど、聖霊によって神様の愛が私たちの心にいつも注がれているのです。みんなの心の中にも入っています。
今、コロナ感染症で世界中が困っています。毎日42万人が感染して、8000人も死んでいきます。これからどうなるのだろうかと心配です。しかし神様は子自分が創られたこの世界を滅ぼすことはしません。
イエス様によって示された神様の愛は、私たちを支え、困難を乗り越える知恵と力を与えてくださるのです。このことを信じて歩んでいきましょう。

祈ります。
天の神様、私たち一人ひとりに愛をくださってありがとうございます。いただいた愛を、悲しんでいる人へ、困っているみんなに、分けてあげようと思います。この心を強くしてください。イエス様のお名前によって祈ります。アーメン
( メッセージ Hさん )
…………………………………………………………………

新しい1週間も神様の豊かな恵みと祝福とが皆さんおひとりおひとりにありますように!



ポチッと拍手をお願いします。
励みになります。


続きを読む
Category: 聖書のおはなし Comments (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする: