1件ずつ表示 
2020.01.05 Sun

1月5日のようす

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今日は新年最初の礼拝です。
しばらく幼稚園もお休みだったので、お部屋がとても寒くて、みんなストーブの前に集まってCSの礼拝をしました。
20200105165516c3a.jpg

今日の活動は、クリスマスツリーの片付けをしました。
20200105165501c9f.jpg

20200105165525c54.jpg

みんな協力してくれて、あっという間に片付きました。
20200105165530f75.jpg

たくさん飾りがついてたんだね。
また来年まで大切にしまっておきましょう。

1/6は公現日(東方の学者たちが降誕の主イエスを来訪した日)です。

「彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。」(マタイ2:9、10)

いつもクリスマスの時期には、天使と羊飼いのお話、そして東方の学者(博士)たちのお話を一緒に聞くことが多いので、イエス様のお誕生のあと、博士たちもすぐにお会いできたような気がしていましたが、「ついに」という言葉から、博士たちはイエス様のお誕生を知り、遠く東の国から長い時間かけてやってきて、やっと会うことができたんだなあ、と今日改めて思いました。

遠くから旅をしてきて、イエス様にお会いした時の博士たちの喜びは、どれほど大きかったのでしょうね。
「喜びにあふれた」という言葉がとても大きく響いてきます。
そして、その喜びは、今を生きる私たちのための喜びでもあります。
すべての人の救いのため、生まれてくださったイエス様。
イエス様は私たちの光です。
クリスマスの喜びが全世界に満ちあふれますように。

そして今日は、信徒奨励で、CSスタッフのSちゃんがお話してくれました。
20200105165510538.jpg

Sちゃんのお話を聞きながら、苦しみの中から与えられるものが、実はたくさんあるんだなあと思いました。
生きていく中には、嬉しいことや楽しいことばかりでなく、悲しみや苦しみもたくさんあります。
でも、自分の苦しみや弱さを開示していくこと、そしてその苦しみを共に担い、祈ってくれる兄弟姉妹がいること、それはとても大きな恵みで、慰めだなあと感じました。

新しい一年も、イエス様と一緒に歩んでいくことができますように。
おひとりおひとりの上に主の豊かな祝福がありますように!

来週のCSは、お天気が良ければ雪遊びをする予定です。
あたたかい格好で来てね。

ではではまた来週~🎶


↓拍手👏をぽちっとお願いします。
励みになります。
続きを読む
Category: 活動の内容 Comments (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする: