| main |
2023.05.21 Sun

5月21日 花植えしたよ

皆さんこんにちは。

今日は、CSのみんなで教会の正面に花を植えました。
久しぶりに来てくれた子もいてとっても嬉しかったです。
朝は雨が降っていて心配しましたが、ちょうど植える頃には上がっていいお天気になりました。

PointBlur_20230521_144352_copy_720x960.jpg
(土を入れて・・・)

PointBlur_20230521_144334_copy_720x960.jpg
(思い思いの花を並べて…)

PointBlur_20230521_144312_copy_720x960.jpg
(こぼれた土のお掃除も完璧!)

PointBlur_20230521_144246_copy_720x960.jpg
(水をたっぷりあげて…)

20230521_142441_copy_1209x1612.jpg
(説教題の看板の下にも並べました♪)

とってもきれいな花を植えることができて、みんな嬉しそうでした。
これから寒くなる前まで、道行く人の目を楽しませてくれそうですね。

来てくれた皆さん、ありがとう!
楽しい時間になってよかったです。
来週は、今日撮った写真を選ぶ作業をしたいと思います。
また元気に来てね~(*^^*)

続きを読む
Category: 活動の内容 Comments (0)
2023.05.14 Sun

花植えのお知らせ

皆さんこんにちは。
今日は花植えのお知らせです。

来週5月21日日曜日13時半から教会の前の玄関にお花を植えます。
終わりは15時の予定です。
軍手がある人は持ってきてね。
朝(CS)から来る人は、お昼ごはんをもってきてくださいね。
詳しいことや、わからないことがあったらこちらのブログかCSスタッフに聞いてね。
みんなに会えるのを楽しみにしています。


続きを読む
Category: おしらせ Comments (0)
2023.05.01 Mon

4月30日 今日の活動


皆さんこんにちは。
今日の子どもメッセージはむつみさんがお話ししてくれます。

マタイによる福音書 1章12節から13節
それから、“霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにどどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。

 今日の箇所はイエス様が洗礼を受けられたあとのお話です。
ここで、少し不思議に思ったことがあります。
それは「“霊”がイエスを荒れ野に送り出した」というところです。
この少し前の箇所で、“霊”は、イエス様の上に鳩のようにやってきて「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に敵うもの」という神様の言葉を注いでいます。
こんなに神様から愛されていて、神様の心に敵う、と言われたイエス様をどうして“霊”は荒れ野に送り出したのでしょうか。
 
皆さんは「荒れ野」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?
もしかしたらあんまり聞いたことがないかもしれません。
私も、実際には見たことがないので、少し想像してみました。
「荒れた」「野」だから、草がぼうぼうに生えていて、誰も住んでいない、豊かな食べ物もない、寂しいところではないかなと思いました。
私たちは、いま、身近に「荒れ野」はないけれど、「荒れ野」に似たような場所がないだろうか、とふと思いました。
寂しくて、暗くて、ひとりぼっちだと思えるようなとき、誰の助けもなくて、悲しくなってしまうようなとき、そんなときが私たちには誰にもあるのではないしょうか。
もしかしたら、「荒れ野」は、それぞれの心の中にあるかもしれません。
誰にも知られたくないような苦しみや悲しみ、孤独、誰も助けてくれないという思いや、絶望、虚しさ、そんなものが誰しも心のどこかにあるのではないかなと思います。
聖書に戻ると、「イエスは四十日間そこにとどまり」と書いてあります。
イエス様は、四十日間も、その苦しくて寂しい場所にとどまっていたんです。
イエス様だったら、きっと自由にどこへでも行けるのに、不思議です。
苦しいとき、そこにとどまり続けるのはとても辛いです。
「なんとかして逃げだしたい」「早く苦しみから逃れたい」「助けてほしい」と思うかもしれません。
でも、イエス様はそこにとどまってくださった、そう思ったとき、イエス様は私たちの苦しみや、悲しみ、孤独を知ってくださっているんだな、と思いました。
知ってくださっているというより、私たちのなかに入って来られるのかもしれません。
私たちの持つ「荒れ野」のなかに、一緒に身を置いてくださり、そしてそこに一緒にとどまっていてくださるのだと思います。
「荒れ野」にいるように思えるとき、私たちにできることは何でしょうか。
それは、神様が一緒にいてくださること、神様が助けてくださることを信じることだと思います。
目に見えない神様を信じるのは難しいかもしれません。
でも、見えない神様に「助けて」と祈るとき、目には見えないけれど、神様のことが少しだけ「見える」のではないかと思います。
その時は「何も変わらない」と思っても、ふとした瞬間に少しだけ希望を感じたり、「そのままでここにいていいんだ」と思えたりするのではないかと思います。
イエス様が苦しみに身を置いてくださったように、私たちも苦しみの中にありながら、神様がいつも一緒にいてくださることを喜んで生きていきたいと思います。
(子どもメッセージ むつみさん)

20230430_091641_copy_508x677.jpg
教会の前の庭のチューリップもだんだん花が開いてきました。
春になってきて嬉しいね。

また来週みんな元気に来てね~!

続きを読む
Category: 聖書のおはなし Comments (0)